宮太郎ロゴ
一括見積もり「宮太郎」
TOP > 会員になるには

会員になるには?

若いメンバーが中心に年配者に支えられ2012年12月『長野みらい会場』始動!自分たちの市場は自分たちで作る!

ゲストとして体験参加から始まります!

「準会員」(緑バッジ)から、「正会員」(赤バッジ)へ
守成クラブは、正会員になるとビジネスチャンスが大きく広がります。一日も早く正会員になりましょう!
  • ゲスト体験参加及び入会については、紹介者(正会員または準会員)の推薦が必要です。
    ※お近くに紹介者が折られないときには、事務局にご連絡ください。
  • ゲストとして仕事バンバンプラザに体験参加いただいた後、入会されますと守成クラブの緑バッジ(準会員)が貸与されます。
  • めでたくご入会(緑バッジ)…でももう「ひと汗」が残っています。
    仲間の経営者を「守成クラブ」に誘うことを「ひと汗」と呼んでいます。会員がお互いの人脈を出し合う事で、市場は、どんどん拡大していきます。
    本日、沢山の経営者と名刺交換できたのは、先輩会員の皆さんの「ひと汗」のおかげです。
    入会されたなら、自分も必ず「ひと汗」流すのが義務です。次回参加されるときは、ぜひ「市場づくり」に参加して、ビジネスチャンスを大きく広げましょう!
    一人は皆のために、皆は一人の為に…
  • 準会員がお誘いになったゲスト参加者が、1社以上入会すると正会員となり守成クラブの赤バッヂが貸与されます。
    正会員になると全国全ての例会会場に自由に参加できます。

守成クラブのお約束ごと

  • 守成クラブは、中小企業の経営者及びそれに準ずる方で構成される、1年単位の会員制クラブです。
  • 健全なる会運営のために、業種の制約をさせて頂いております。特に非社会的な活動を目的として入会することはできません。(下記参照)
  • 仕事バンバンプラザ(例会)へのゲスト参加代歓迎です。但しゲスト参加は一度のみといたします。従って、同一人物の2度目の参加は入会を前提としての参加となります。
守成クラブ長野みらいでは、公序良俗に反する商売の方は入会できません。

クラブの健全なる運営のために下記の業種については、ゲスト参加並びに入会をご遠慮いただきます。

宗教、政治、まち金、風俗、暴力団関係、先物取引業、マルチまがい商法、ギャンブル、霊感商法等、並びに公序良俗に反する商売の方をお誘い(ゲスト参加及び入会)いただくことは禁止しております。

また、上記以外の業種であっても、入会の後において強引な販売手法などビジネスマナーに反する行為を行うことによるクレーム等が発生した場合、クラブ退会処置をいたします。内容によっては、全国クラブに公表する場合もございます。会の健全な運営の為、趣旨にご理解を賜りますようお願い申し上げます。

会員名称の説明

ゲスト 正会員・準会員の紹介で守成クラブを理解するため、月例会にお試し参加する方の呼び名です。入会の可否については、ゲストのための主旨説明を聴きご自分で判断してください。(即日入会も可)
準会員 本部年会費/18,900円(1年単位)入会金/10,500円(初回のみ)の合計29,400円をお支払いいただくと準会員となり緑バッヂが貸与されます。
(尚、準会員のまま次年度への更新はできません。)
正会員 紹介したゲスト1名が入会することによって、正会員となり赤バッヂが貸与されます。正会員になると全国全ての例会会場に自由に参加できます。
(正会員の更新は、1年単位とし年会費の更新入金を持って実施されます。)
ゴールド会員 紹介入会会員数が10名になるとゴールド会員となり、その栄誉としてゴールドバッヂが授与されます。

・守成クラブの入会金は、入会金10,500円+年会費18,900円=合計29,400円が必要です。
・毎月の仕事バンバンプラザ(例会)参加費は、5,000円です。

長野みらい会場の会員別の営業制限

◎…許可行為 ×…禁止行為
営業内容 正会員 準会員 ゲスト
長野みらい会場での名刺交換 ※1
長野みらい会場での自社PR × ×
長野みらい会場でのブース出展 ×※2 ×
長野みらい会場での全テーブルへの資料配布 × ×
長野みらい会場でのテーブル商談会での資料配布 ×
他会場への例会参加 × ×
会社訪問・電話・FAX・DMによる営業 ※3 ×

※1:ゲストの営業行為&ゲストへの営業行為は禁止です。
※2:準会員は1,000円徴収として許可
※3:1日も早く正会員になりましょう。

「守成クラブ長野みらい」は経営者の方々のご参加をお待ちしております。

「守成クラブ長野みらい事務局」
連絡先:080-3352-8912(篠田)まで 
FAX:026-252-7081

© 2018 SYUSEICLUB NAGANO MIRAI. ALL RIGHTS RESERVED